FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メディアとネロについてあーだこーだ

混合シールドでミフネ、ハンニバル、メルカンデ、シュンカー、CRマキナと割と頭おかしい引きをしておいて2-1で優勝できなかった残念野郎でした。どうもfantaです。


最近他のブログでも《ネロ》と《メディア》についての考察がいくつか挙げられているので、自分も流れに乗ってやってみようと思い立ちました。といわけで、恒例となりつつあるあーだこーだシリーズです。例の如く偏見に満ちているのでご注意を。


まずはハンドブックのプロモカードの《ネロ》から。

ネロ
(1)(B) CA2 EPIC
[Ⅰ/Ⅱ]あなたのEPIC以外のすべてのユニットのパワーを+500する。
[Ⅲ/Ⅳ]あなたのメインフェイズ1の開始時に、あなたのユニットを1体選ぶ。それを破壊する。
Lv1 パワー 2000([Ⅲ/Ⅳ]+2000) ATK 2([III/IV]+2)

とりあえずこれ見て一言思ったのが「何これ素敵」でした。スーサイド厨大歓喜。

このカードは時代Ⅰ・Ⅱのパンプアップがとにかく目を引きますね。黒絡みのウィニーならたぶん無条件で入れても問題なさそうです。《ラスプーチン》やプローセナなど、他に入れたいEPICカードとの兼ね合いは微妙ですが黒はCA3のカードが非常に優秀なので無理なく運用できると思います。パワー2000で殴ってくるバーサーカーや、3500で殴ってくるマシーンを想像するとすっごい気持ちよくなれます。ただ、サフォーナと一緒で《雷流術》に強くなるわけではないので注意です。そこは、後半に備えて指輪を置くか《狂乱の士気》などでフォローしましょう。

時代Ⅲからはベルカもびっくりの超コスパに変身。パンプアップは消えるため、全体強化枠としてはお役御免となりますが代わりに得るのは時代Ⅳスペックの打点のため、クロックスピードはむしろ上がる可能性すらあります。
ただ、問題なのがユニット1体を破壊しなきゃいけないデメリット。並べて勝つが勝ちスジのデッキではちょっと困ったデメリットです……が。この効果、コストではなく対象に取った上での誘発型能力になります。そのため、《ネロ》の効果をスタックした後に指輪や《メディア》の効果を使えばデメリットは軽く抑えられます。《ラスプーチン》との相性も抜群ですし、腐った1コスユニットでも問題ありません。
使うデッキはビートダウンかウィニーに限定されそうですが、それらのデッキでは一線級の活躍が期待できそうです。少なくとも、自分は真っ先にデッキを組むであろうと思います。


次は3弾プレリリースパーティ景品にもなる《メディア》にいってみましょう。

メディア
(1)(B)(B) CA2 EPIC
ワイプ:あなたのユニット1体じゃあなたのヒストリーを1個選ぶ。それの上のカウンターを1個指定する。それの上にそのカウンターを1個置く。
(2)(B)(B)、メディア以外のユニットを1体犠牲にする:ユニットを1体選ぶ。それを破壊する。
Lv2 パワー2500([Ⅲ/Ⅳ]+500) ATK2

こちらは《ネロ》とは違ってどちらかといえばコントロール寄りのカードですね。ただ、CR版のイラストがかなり好みです。もうちょっとお胸が慎ましかったらイズルハさんと並んで魂のカード候補でしたねw
さて、このカードちょっと書いてあることがややこしいところがあるので順に見てみましょう。

まず、1個目の能力。カウンターを乗せる能力としては、2弾にも《収穫の時》がありましたが、これはカウンターの種類に囚われないのがポイントですね。3弾でハーベスト持ちのユニットがでることは既に公開されているので、他のカウンターが出るかどうかでまた評価が変わりそうな能力とも言えます。
ただ、問題なのはカウンターが既に乗っている状態でないと使えないという点です。この能力、既に乗っているカウンターを指定する必要があるので宝珠を素出ししてドヤ顔できるというわけではないんですよね。なので、宝珠と相性がいいかどうかは今はなんとも言えません。ただ、白宝珠が1度乗れば実質毎ターン使い放題であったり、黒宝珠で威圧しつつ宝珠がたまれば使ってそのまま除去といった面白い動きはできそうです。かなり悠長な気はしますが。なんにせよ、3弾次第と言ったところです。

しかし、このカードの真価はこの2個目の能力にあると思っています。4コスで《非情な闘い》が打てます、それだけです。単純明快に強いことが書いてあります。自分自身をコストにできないのが残念ですが、これのおかげで4コス浮かせておくだけで相手は除去が打ちづらくなります。場に出してすぐ使えない、ユニットなので盤面に見えているなど《非情な闘い》より即効性や奇襲性はなくなりましたが、逆に言えば見えている分相手はケアしなければならなくなりめんどくさいと置き換えることもできます。
ただ、この能力を最大限生かそうとデッキを組むのはちょっと構築の幅が狭まりそうなので、1つのアクセントとして運用するのがよさそうです。ぱっと見思いつくだけでも《ラスプーチン》、多色では《アプロディテ》《マジュラ沖の知恵者》《斉天大聖》など相方は探せばいくらでも出てくるので、そこまで窮屈なビルドにする必要もなさそうです。そもそも、ビートダウン系のデッキでも2~3枚入れておいてひょろっと中盤に出すだけでも十分活躍できるスペックですからね。コントロールならCIPユニットをさらに有効活用できるため活躍の場面はあるかと思います。時代Ⅲ以降パワー3000になる点も個人的には評価ポイントです。


どうでしたでしょうか。2枚ともカードの方向性は違いますか、ひと癖あるけど書いてあることは強いっていういい具合に黒いカードに仕上がっていると思います。
自分の黒単にもこの2枚は無理なく入りそうなので、ウーディスと合わせて3弾がとても待ち遠しいです。《ネロ》は3枚突っ込んでいいとして、《メディア》の枚数調整には悩まされそうです。既にプローセナという同コスト帯がいるため尚更ですねぇ。黒の時代Ⅱ3コス帯は優秀なカードが多くてどれを採用するかいつも悩まされます。正直、そろそろ4、5コス帯を厚くしてもらいたいところ。なんにせよ、これからの3弾のカード公開に期待です。それでは。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。