FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今後のウィニー、ストンピィを考えてみる

最近寒いですが、1月にノロかインフルかのどっちかにかかったおかげで元気です。どうもfantaです。


少しずつ3弾のカードがフレイバーテキスト含めて公開されてきましたね。
現段階で公開されているカードは白と橙が多めですが、橙のカードがトリッキーというかピーキーなカードが多かったのが印象的でした。今までの橙のカードはシンプルに強いカードや効果が単純なカードが多かったですからね。
そういうわけで、ちょっと今後のウィニーやストンピィのようなデッキを組む際にどんなビルドにしようか考えてみたいかなぁと思います。


とりあえず、色としては軽くて早い時代から動ける優良ユニットが多いという点が重要なので橙は確定でしょうか。バルカヌスに加えて《地荒れ熊》や《最後の白牙族》が3弾から追加されるため、時代Ⅰで固定して最速で殴るというのも悪くない選択肢かと思います。
単色でもいいのですが、色事故が起こりにくいラスクロなら多色にして幅を利かせた方が有利という場面が多いため2色くらいで組みたいところ。となると、相方としては紫か黒ですね。紫なら2弾でも風使いやゼノビアなど優秀なユニットが多く、同盟兵で余ったコストを有効利用できるので悪くはないですね。一方黒は巨人やトレーダーなどマナレシオの高いユニットが多く、ネロでの全体強化も行えるので時代Ⅰ~Ⅱだけを考えるなら紫以上のパワーは確保できそうです。また、どちらの色も除去カードが多く存在する色なので、除去の薄い橙との相方としては最適かと思います。

で、どちらの色にするかはデッキの方向性で決めるのがいいかもしれません。時代Ⅲ以降を見据えるならたぶん紫のほうがいいと思います。《嵐の進撃》というエンドカードの他にも、アズラールなどのアタッカーを起用できるという点も見過ごせないです。ただ、それなりに時代が進まないといけなくなるので白牙族あたりは使いづらいかなって気はします。
逆に黒なら時代Ⅱ以内でけりをつける、もしくは時代Ⅱで止めるデッキがよさそうです。もともと時代Ⅲ以降に軽くて打点に優れたユニットというのが黒には少なくCAヤードをコストとして要求するカードが多いため、デメリットではありますがそこまで気になる点でもないかと思ってます。時代が進まないとなれば今度は白牙族やバルカヌスの活躍する時間が長くなるため、こういったカードはすんなり入りそうです。ただ、熊だけはちょっと微妙かもしれません。時代Ⅰで2コス2500と強いといえば強いのですが、黒が入るなら巨人が2コス3000なのでこっちでいいと思います。

個人的に黒のほうが色的に好きなのと、やっぱり新カードを使いたいというのもあるので黒の方針でいってみたいかなぁって思ってます。
ぱっと思いつくユニットとしては
3:バルカヌス
3:白牙族
3:カーリーン
3:巴御前orプローセナ
3:ブラッド・トレーダー
3:バストリアン・バーサーカー
3:遥かなる地の巨人
3:モロクの火炉番
3:マーリン
3:ネロ
といったところでしょうか。この時点で30枚くらいになっているので、後は除去やパワー操作を適度に入れて枚数を微調整したらある程度形になるかなって思います。正直、時代発展をあまり取らないならマーリンはいらないかもしれないですね。代わりに《アトラス》あたりを入れておくと息切れしたと同時にフィニッシャーが降臨するっていう流れが作れそうなのでいいかもしれません。2コスが多いならリャブーも悪くないですね。少しマナ加速を加えれば、ベルカくらいなら出せそうですしCBも強いので1枚くらいおしゃれ枠で入れてみるのもよさそうです。猿はCBもないし相手のLv3ユニットに強いわけではないのでお守りとしては薄いかなって思います。制圧力自体はやっぱりあるので悪くはないんでしょうが。


《アンクアの護符》が時代Ⅱから使えたら……ただのOPですねごめんなさい。でも、ネロのおかげで低時代から強化できるので3弾でたらこんな形のデッキで回していこうかなって思っています。こんなカードもよくね?ってのがあったら是非コメントください。それでは。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。