FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

橙黒ジャンク

最初のラスクロ記事がリミテッド環境だったので、今回は構築戦のデッキをあげたいなと思います。


以下デッキビルドです↓
CAavg 2.20 CB 14 橙 24枚 黒 26枚

ユニット 35
3:《血風の狂戦士 バルカヌス》
2:《秩序の破壊者》
3:《流浪のドルイド》
3:《ヴラド・ツェペシュ》
3:《乱世の走狗》
3:《坑道掘りの達人》
3:《魂石のドルイド》
2:《女拳聖 ベルカ》
2:《斉天大聖》
2:《妲己》
3:《常闇の魔女 プローセナ》
3:《ブラッド・トレーダー》
3:《夜を盗むもの ライーサ》

スペル 12
3:《循環する魂》
3:《ソウルチャネリング》
2:《カオスバニッシュ》
2:《非情な闘い》
2:《魂の両断》

ヒストリー 3
3:《盗賊の魂》


基本的にはビートダウンよりのデッキになってます。ある程度SS加速が入ってるのは猿やベルカを入れたかったのと、除去を構えながらユニットを展開したかったからです。
初手バルカヌスはやっぱり今でも十分強い動きですし、ライーサはCB含めて対コントロールに非常に刺さります。
プローセナが3枚採用なのは、単純に2500ユニットとして優秀なのとヴラドとのシナジーを考慮してですね。《黒の突撃》なんかがあればさらに優秀なのですが、そういった動きをさせるなら別のデッキのが優秀なので今回は不採用です。

このデッキ、どのデッキに勝てるのと言われるとある程度ならどのデッキも見れてます。CB絡みのウィニーは早すぎて除去が追いつかないので無理ですが、白黒コン、橙絡みのランプ、橙黒ウィニーあたりならそれなりに戦えます。白黒コンあたりには結構勝率もいいです。
ただ、どうしても早いデッキがきついです。あと、オーラ持ちのユニットが時代Ⅳのヴラドだけなのでミフネを止める手段がないのも問題だったりします。ついでに橙宝珠が吐くほどしんどいです。

デッキの変更点としては《土皇の子 エルトバウテル》を入れてオーラ対策をする、《モロクの火炉番》や《マーリン》を入れて打点やクロック速度を上げる、《バストリアの大恐慌》の投入などなど弄ろうと思えばいくらでも弄れます。これといった型がないので、コントロールによせたりビートダウンによせたりと自分の好みがもろにでるデッキだと思います。


以上です。結局猿入ってるじゃねぇかとか言われそうですが、気が向いたら使ってみてください。たぶん楽しいですw
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。