FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラフト実装初日

ねんがんの ドラフト戦が 実装されたぞ!


待ちに待ったドラフト戦初日。しかし風邪の後遺症ケアで寝てたら夜中の12時……
おっま、もうそれ初日じゃなくね?


でも、夜中でも全然人はいたのでなんだかんだ3回出来ました。
オンラインのドラフト戦は、11チケット消費とシールドと違って手数料が取られるようになってますね。まぁ、5パックしか消費しないのでしょうがないですね。商品は1位が5パック、2~3位が2パックと4人シールドと還元率はあんまり変わらない感じです。4人リミテッド卓は優勝=元返しって感じで統一なんでしょうね。

で、結果は 2-0 1-1 1-1 とまぁまずまずの滑り出し。最初に優勝して5パック戻ってきたおかげでチケ3枚消費だけで済みました。特に初回は自パックの引きに相当助けられた感。3回目は本当は0-2なんですけど、知り合いと当たって負け確っすなぁみたいな話しながらしてたら相手がミスっちゃってこっちがトップデッキでガイラントストライク引いちゃってっていう不幸な事故の結果です……なんか申し訳なかったm(_ _)m


3回全部レポ書くと長いので、1回目のデッキレシピと簡単に総括だけにしたいと思います。正直記事用にメモとってなくて上手くまとめられない自分が悪いだけなんですが。


以下レポ↓
1p:初手ゼノビアと好調な感じ。パック内は翔空体とか精霊とかサイとかいい感じのユニット豊富な良パック。紫かぶると思ったけどゼノビアを流す意味が全くないのでピック。上からはドルイドとか謡い手が流れてきたので紫橙軸で。

2p:確か初手ワイバーン。ここら辺で紫が止まりだしてやっぱり下が紫とってたなぁと。あんまり紫流れてこないので郷愁の唄あたりを軽く取りつつ橙多めにピック。

3p:マキナが初手に降臨。完全にここから青追加の流れ。2パック目まででも青すっげ余ってたし、上からシュンカーまで流れて来て「あ、これ青全然やってないや」ってことで奇兵メインで集めることに。

4p、5p:戦巫女もしっかりピックしてCA3ユニットを多めにピック。結果橙紫青で完成。しかも青が一番濃いという序盤とは全く違う流れに。2パック目で流した周喩が痛い。奇兵が皇帝1軍馬1征地1しかピックできなかったのもちょっと痛い。

で、こんなデッキに
2:《ガイラントの謡い手》
1:《急襲するジャガースクワル》
3:《魂石のドルイド》
2:《聖地の守り手》
2:《大地の化身》
2:《突破する鋼角》
1:《不屈なる戦士》
2:《荒ぶるワイバーン》
1:《折れ角の暴風 モル・ガド》
2:《疾風のチャクラム使い》
1:《ゼノビア》
1:《戦場の雷狼》
1:《星屑の精霊》
1:《ライトニングスピア》
1:《迅雷のクロスボウ》
1:《軍馬の奇兵》
1:《皇帝の奇兵》
1:《水弾の射手 ウズメ》
1:《征地の奇兵》
3:《戦雲の楽人》
1:《覇力の戦巫女》
1:《盤上自在 シュン・カー》
1:《霊薬師 マキナ》
1:《アストラル・ウェーブ》
5:《郷愁の唄》
1:《青の宝珠》

以上40枚です。こうリストに挙げると唄5枚が目を引きますねw
あと、ぶっちゃけボムカードかなり多いデッキになってますね。ゼノビアはボムというより超優秀なクロッカーですけど。マキナやシュンカーは完全にボムですし。試合も1戦目はゼノビアとかで序盤クロックして大型ユニットでgg。2試合目はマキナと唄でボードアドとって奇兵でggといい流れでした。正直時代Ⅱから動く皇帝とか悪夢以外のなんでもない。下手したらシュンカーでオーラもてる分猿より怖い。


さて、結局優勝は1回だったのですが全体的にみてやっぱりドラフトに慣れてる人とそうでない人で差がばっさりでちゃってましたね。自分はMtGのドラフトしかしてこなかったのでCAを見ながらドラフトするの難しいと3回とも思いながらピックしてましたし。あと、前回の記事でも書いたけどカットなんてしてる余裕ないです。カットするならそのカード使うくらいじゃないとデッキが一気に弱くなります。2回目なんて自分白黒軸で周りが混沌としてたみたいで、結果自分のとこに白黒は来るけどCA3のユニットが全然流れてこないっていうとばっちりが……。周りもみんな3~4色っぽかったですし。正直4色はしたくない。

かなり昔、MtGでマナバーンという雑誌がありました。そこのドラフト考察の記事でとあるプロプレイヤーが「カットは自分のデッキを弱くするからしないほうがいい」って記事があったのですが、ほんとその通りだと思います。というより、カットばかりしてると自分も弱くなるし下は別の色に流れるようになって色がどんどんかぶって余計手狭にと悪循環ばかりなんですよねー。


8人シールドより報酬少なくて、必ずRやSRが集まるわけじゃないのでカードが全然揃ってないって人にはちょっと敷居高いかもしれないですけど、やっぱりドラフトは楽しいです。せっかく実装されたんですからまだの方も1度遊んでみてはどうでしょう。シールドで天運に任せるのも面白いですが、考えることがたくさんあるドラフトは技術向上にもとても役立つと思います。それでは。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。